蒙古ひだを解消

一重まぶたは、二重まぶたに比べて眠そうに見えたり、暗そうに見えたりしがちです。
一重まぶたの場合、目元にメリハリがつきにくいので、のっぺりした印象にもなってしまいます。
もともと、東洋人には一重まぶたの人が多いと言われています。同様に、東洋人の目の特徴として挙げられるものに、「蒙古ひだ」というものがあります。
蒙古ひだといは、目頭の部分にかぶさる、まぶたの皮膚のひだのことです。蒙古ひだがあると、目が小さく細く見えたり、目と目の感覚が広く見えたりしてしまいます。
目に関するコンプレックスには、この蒙古ひだの存在が関係していることが多いのです。美容外科では、蒙古ひだを解消して、理想的な目元に変身するための施術があります。
それは、目頭切開法です。

目頭切開法は、目頭部分にある蒙古ひだを切除する整形メニューです。切除と言っても、メスで切開するのはほんの数ミリ程度です。
切開する角度やライン、切り込みの長さなどによって、どのような目頭になるかが変わります。事前のカウンセリングで医師に伝えた要望が、きちんと反映されるはずです。
目頭切開法を行うと、目頭の部分の縦の幅が広くなったり、鼻側に目を拡張したりすることができます。そのため、目が大きく見えるようになり、目と目の間隔が狭くなってシャープな印象になることができるのです。
また、蒙古ひだがある人の目元は、目頭側が狭いので、二重のラインが目尻に沿って広がる末広がり型になりがちです。それでは、女優やモデルに多いアーモンド形の瞳や、アイドルのような三日月型の目になることはできません。
ところが、目頭切開法で蒙古ひだを取り除けば、並行型の二重ラインを作ることができるようになります。そのため、目頭切開法を行うことによって、二重整形の自由度が広がるのです。
より理想的な目元を実現したい人は、美容整形外科で、二重形成術と目頭切開法を組み合わせて受けると良いでしょう。