プチ整形で二重に

プチ整形は、メスで切らずにできると画期的な美容整形施術です。
様々なプチ整形メニューがありますが、中でも代表的なのは、やはり二重のプチ整形でしょう。
メスで切らずに二重を作るプチ整形は、正しくは「埋没法」と呼ばれています。糸をまぶたに埋没させるようにして、まぶたの皮膚を留めることによって、二重のラインを形成するという整形メニューです。

埋没法で用いられる糸は、髪の毛1本よりも細い極細の医療用糸です。それを使って、理想的な二重のラインになるように、まぶたの皮膚を縫い止めます。
まぶたの皮膚に通した糸は、まぶたの奥にある挙筋という組織に縫いつけます。そのため、しっかりと固定され、二重のラインが長持ちするのです。
埋没法という名前の通り、糸はまぶたの皮膚の下に埋没されてしまうので、外から見えることはありません。もちろん手術跡はつかないので、整形したことがバレるリスクは低いといえるでしょう。

メスで切らないので、体にかかる負担が小さくてすむことも、埋没法の大きなメリットの1つです。
術後のまぶたの腫れは、個人差はありますが、早ければ3日、長くても一週間程度で治まります。また、特に痛みや刺激を感じないなら、埋没法を受けた当日からメイクをすることもできます。
家に帰ったら、シャワー、お風呂、洗顔などもできるので、普段と同じように過ごすことができます。ただし、人によっては痛みや刺激を感じることがあるので、そのときは無理は禁物です。